朝はパン パンパパン

それを聞いて和徳は、ますます何て言ったらいいのか、わからなくなってしまう。
「母さん、そのハンカチがお気に入りで、よく、持ち歩いていたから。それに、この場所も好きで。だから、その…」
「そっか。そんな大事なものなら、飛ばされないでよかったな。ほら、ちゃんと持っとけよ」
言葉に詰まる一志に、和徳はにこっと笑ってハンカチを差し出す。つっかえつっかえでも、思いを伝えようとしてくれた一志を見ていると、言葉も自然と出てきた。
一志はほっとしたような顔で、ハンカチを受けとった。
「うん、ありがとう」
受けとったハンカチをぎゅっと握り、一志は控えめにほほを持ち上げて笑った。